横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

米国法

疑問点等がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
匿名でこの欄に掲載するという条件の下、直接返答致します。

 

アメリカで会社を設立しようと考えています。日本の法律事務所にお願いすればやってもらえるのでしょうか。

アメリカでは、各州ごとに異なる会社法があり、設立の手続きなどもそれぞれ異なります。そこで、設立を考えている州の弁護士に頼む必要があると思います。

それでは、日本の法律事務所に、アメリカでの会社設立を相談するのは無意味でしょうか。

必ずしもそういうことではありません。日本の弁護士でも、そもそも、どの州で会社を設立すべきなのかといった、設立以前の問題についてもアドバイスできます。また、提携している米国の法律事務所を通して、アメリカでの設立自体も期待できるからです。

 

アメリカの会社と契約を締結するときは、アメリカの法律に詳しい弁護士の意見を求めるべきでしょうか。

もちろん、米国の法律に詳しい弁護士が望ましいことは間違いありません。ただ、契約の場合は、基本的に契約書に書かれた内容で相手方との権利義務が決まりますので、米国の法律を隅から隅まで知らないと対応できないというわけでもありません。

 

契約書の内容が大切だとすると、それ以上アメリカの法律など知る必要はないのでしょうか。

例えば、契約書の内容が、アメリカの独禁法に違反している場合など、大きな問題が生じます。その意味で、契約書だけを見るわけにはいきません。

英文の契約書を作成するに当たり、日本で使用している日本語の契約書を、英訳して使用したいと考えております。それでも特に問題はないでしょうか。

場合によっては、それでも用が足りる場合があることは否定できません。しかし、米国の法律や契約の考え方は日本の法律とは違いますから、やはり最初から英文契約を作成した方が良いと思われます。

 

米国の契約についての法律も、州ごとに違うのでしょうか。

契約に関する法律は、事実上ほとんど全ての州で、同じ大体同じ内容の法律が適用されています。

 

アメリカで会社を設立せず、また、PEを設置せずに、日本の個人事業主がアメリカ企業と取引をすることは可能でしょうか。
事業内容:コンサルタントサービスです。現地でのコンサル業務の期間:約3週間ほど。同じ顧客とは継続的な取引はなく、1顧客1回限りの取引です。

取引自体は問題なく出来るはずです。また、対価について、送金してもらうことも問題ないでしょう。

恐らく、気にしていらっしゃるのは、対価についてどこで課税されるのかということと、アメリカで業務を行う場合のビザをどうするかという点ではないかと思います。
これらにつきましては、実際の業務内容、相手方との契約内容などを見た上で検討する必要があるものと考えます。
以上、ご参考まで。
 

米国で10年前に設立した会社を日本在住の日本人に受け渡ししたのですが、私の責任にしてるという噂を聞いています。当時、私が企業の代表者であった為にテナントの支払いなどで、どのようになってるのか心配ですがどこも連絡が取れませんが、このような場合、私が放置して米国に入国できないような事はあるのでしょうか?現場は米国ハワイ州です。

あくまでも民事の問題ですから、入国が制限されると言ったことはないはずです。 しかし、米国に行った際に、訴状を手渡されて、裁判に巻き込まれるなどの心配はあ ると思います。

一般的な回答なら当方でも可能ですが、詳しい調査など必要ということでしたなら ば、やはり現地の法律事務所に依頼すべきではないかと思います。


 

国際法務に関する他の記事はこちら

国際法務

英文契約

米国法

中国法

EU法

Page for a Foreign Company in Japan


 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら