横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

商標 ブランド Q&A

疑問点等がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
匿名でこの欄に掲載するという条件の下、直接返答致します。
 

当社がお煎餅として登録している商標と非常に似ている商標を、他の会社が饅頭に使用しています。この場合、止めさせることは出来るのでしょうか。

一概には言えません。2つの商標がどの程度にていて、一般消費者が誤認するような程度なのかといったことから判断します。

しかし、取り合えず相手方に警告書を送って、話し合いで解決することを目指すのが、実践的な解決と思われます。
 

美容院を経営しています。他の美容院から、うちの美容院の名称と同じ名称を、サービスマークとして登録したので、今後は使用してはいけないとの通知がきました。どの様にすればよいのでしょうか。

店の名前として何時から使用していたのかなどにより、答えは違ってきます。ただ、美容室のようなサービス業の場合も、積極的にサービスマークとして登録しておかないと、このような問題が生じることになります。

 

新製品を発売することになりました。必ず商標登録をした方が良いのでしょうか。

商標登録には、時間や費用もかかります。その製品を、一瞬だけ販売してやめるといった場合には、必ずしも商標登録が必要でない場合もありえると思います。

一方、主力商品として長く販売しようという場合は、商標登録すべきだと考えます。
 

そもそも、商標登録をすると、どの様なよいことがあるのでしょうか。

 

まず、登録できていると、他社からその商標を使用してはいけないという主張が出来なくなります。つまり、安心して使うことが出来るわけです。
さらに、他社が似た商標を使用している場合など、その使用を止めさせることも可能となってきます。
 

商標というのと、サービスマークというのは、何が違うのでしょうか。

商標というのは、商品に使われるものです。たとえば、お饅頭の名称は、商標です。

サービスマークは、サービスに付けられるものです。 例えば、宅配便の「クロネコ」はサービスマークです。
 

他社がうちの商号を使っています。裁判を起こしてでも、必ず止めさせた方が良いのでしょうか。

裁判をするとなると、時間と費用がかかります。他社が使うことによる損害よりも、大きな負担が裁判によって生じることもありえます。

その意味で、出来れば話し合いで解決する道を探ることも、非常に重要だと思われます。特に、商標の場合、権利侵害といえるのか否か、必ずしもはっきりしない場合もあるだけに、なおさら話し合いで解決することが大切になります。


 

企業法務に関する他の記事はこちら

企業法務

労働法

会社法

商標 ブランド

個人情報保護法

契約作成審査

独占禁止法

企業法務アラカルト

不正競争防止法


 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら