交通事故問題

交通事故問題

保険会社は信用できません

交通事故の損害賠償では、通常保険会社が損害賠償の金額など提示してきます。この金額で不満なら、裁判を起こすしかありませんよ、 その場合、弁護士費用がもっとかかるので、結局は貰える金額が減ってしまいますよ、などということを保険会社の担当者が 言ってきます。

しかし、死亡事故や、高度の後遺症残るような事故の場合は、保険会社の言うことを鵜呑みにしてはいけません。
弁護士に依頼して交渉し、必要に応じて訴訟をすることで、1000万円や2000万円はすぐに賠償金額が増加します。 たとえ弁護士費用をいくらか支払ったとしても、問題にならないほどの金額を受け取れることになります。
交通事故で大けがをしたり、大切な方を失くされた場合、お金でどうこうなる問題ではありません。しかし、 今後の生活を考えた場合、損害賠償金額の問題は、決して無視できないものとなります。
 

真実を明らかにしたい

交通事故の問題で、弁護士に相談に来るのは、必ずしもお金の問題だけではないはずです。
どのような原因で事故が起こったのか、できる限り明らかにしたい。そういう気持ちで、弁護士のサポートを求めて 来る方も大勢いらっしゃるはずです。
当事務所では、単なるお金の問題ではなく、そのような方たちの、気持ちに寄り添った活動をしたいと考えております。
お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。 TEL:0120-0572-05 受付時間 365日 24時間受付 地下鉄みなとみらい線 日本大道り 3番出口 徒歩2分

無料メール相談はこちらから