横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

独占禁止法 Q&A

疑問点等がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
匿名でこの欄に掲載するという条件の下、直接返答致します。
 

当社は小さな会社です。独占など、したくても出来ません。当社の場合は、独占禁止法など、考えなくても良いのではないでしょうか。

独占禁止法は、必ずしも独占のみを禁止した法律でありません。例えば、メーカーが販売会社に自社製品を販売するに当たり、小売価格を拘束した場合なども独占禁止法違反となります。

 

当社はメーカーです。製品のブランド価値を高めるために、小売での安売りは止めさせたいと考えています。これが何か法律に触れるのでしょうか。

自社が小売までする場合に、販売価格を統制することは勿論可能です。しかし、他の会社が販売する以上、その価格を拘束すると、独占禁止法違反となります。

 

無用な競争を避けるために、同業者と、それぞれ相手の取引先については営業をしない旨約束しています。このような取り決めが問題となることがあるのでしょうか。

消費者のためには、自由な競争が必要だというのが独占禁止法の基本的な考えです。したがって、営業先を取り決めて、競争をなくすような行為の場合、独禁法違反とされる可能性が高くなります。

 

法律違反というのは理解できましたが、うちのような小さい会社に対して、本当に取締りなど行われるのでしょうか。

一般的には、小さな会社のうちは、たとえ独禁法違反でも特に問題とされない場合が多いとはいえます。しかし、そのまま会社が大きくなったときには、十分注意をしておかないと、独禁法違反として制裁を受けると共に、新聞などでも報道されて、会社の評判を落とすことにもなります。

 

海外の取引先との契約で、独禁法について注意すべきことがあるのでしょうか。

アメリカやEU諸国をはじめ、非常に厳しい独占禁止法を持っている国があります。そのような国の企業と取引するときは、さらに注意しないと、非常に高額の課徴金を課されたりするリスクが出てきます。


 

企業法務に関する他の記事はこちら

企業法務

労働法

会社法

商標 ブランド

個人情報保護法

契約作成審査

独占禁止法

企業法務アラカルト

不正競争防止法


 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら