横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

交通事故問題

保険会社は信用できません

交通事故の損害賠償では、通常保険会社が損害賠償の金額など提示してきます。この金額で不満なら、裁判を起こすしかありませんよ、 その場合、弁護士費用がもっとかかるので、結局は貰える金額が減ってしまいますよ、などということを保険会社の担当者が 言ってきます。

しかし、死亡事故や、高度の後遺症残るような事故の場合は、保険会社の言うことを鵜呑みにしてはいけません。
弁護士に依頼して交渉し、必要に応じて訴訟をすることで、1000万円や2000万円はすぐに賠償金額が増加します。 たとえ弁護士費用をいくらか支払ったとしても、問題にならないほどの金額を受け取れることになります。
交通事故で大けがをしたり、大切な方を失くされた場合、お金でどうこうなる問題ではありません。しかし、 今後の生活を考えた場合、損害賠償金額の問題は、決して無視できないものとなります。
 

真実を明らかにしたい

交通事故の問題で、弁護士に相談に来るのは、必ずしもお金の問題だけではないはずです。
どのような原因で事故が起こったのか、できる限り明らかにしたい。そういう気持ちで、弁護士のサポートを求めて 来る方も大勢いらっしゃるはずです。
当事務所では、単なるお金の問題ではなく、そのような方たちの、気持ちに寄り添った活動をしたいと考えております。

 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら