顧問弁護士とは

顧問弁護士とは

企業の顧問弁護士とは、顧問契約を結んだ企業のために、継続して一定の法務サービスを提供する弁護士をいいます。
 
顧問弁護士を使うことにより、一般的には、次のようなメリットがあるとされています。
 
まず、顧問弁護士は、顧問先企業のことをよく理解していますから、単なる一般論ではない、 その企業に一番適した法務サービスを受けることが期待できます。
 
次に、通常弁護士事務所は敷居が高いもののようですが、顧問弁護士ならば、比較的気楽に相談できます。 また、ファックスや電話等のみによる相談も、行うことが可能です。 その他、緊急の案件等についても、優先的に対応してもらえます。
 
対外的にも、顧問弁護士がいるということで、法律的にも十分な対応がとれるのだということを示すことが出来ます。
 
弁護士費用についても、継続的に弁護士を使用する代わりに、通常より低い料金が設定されます。
 
以上のように、一般論として、顧問弁護士が有用な仕組みであることは、特に問題ないと思います。 しかし、それぞれの顧問弁護士が、具体的にどのようなサービスを提供しているかは、一概には言えません。
 
会社トップの、私生活の法的問題の処理まで含めた対応をしている顧問弁護士もいます。 個人の関連する裁判や相続問題なども取り扱うわけです。 このような顧問弁護士には、当然、そのような問題まで対応できる幅広い能力が求められます。
 
その他、多くの訴訟が起こることが見込まれる場合、訴訟対応のために顧問弁護士を使用している会社もあります。 顧問としては、それら問題の訴訟対応についての、十分な経験、能力が必要となります。
 
残念ながら、このような企業の顧問弁護士としては、当事務所は十分な経験を有しているとはいえません。
 
しかしながら、もし御社が、日常の企業における問題を解決し、経営を法律面でサポート出来る顧問弁護士を探しているのならば、 当事務所にお問い合わせいただければと思います。

 

お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。 TEL:0120-0572-05 受付時間 365日 24時間受付 地下鉄みなとみらい線 日本大道り 3番出口 徒歩2分

無料メール相談はこちらから