裁判 Q&A

裁判 Q&A

疑問点等がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
匿名でこの欄に掲載するという条件の下、直接返答致します。
 

悪質賃借人に対して、裁判を起こしたいのですが、現在の法律や判例では、賃借人の権利が強く守られていると聞いています。 裁判を起こしても勝てない場合が多いのではないでしょうか。

確かに、賃借人の権利は非常に強く守られています。 法律上、賃貸借契約の解約が認められるのは、信頼関係の破壊があった場合のみとされています。 そして、少々のことでは、信頼関係の破壊は認められません。
しかし、現実には多くの場合に、長期にわたる家賃の滞納など、 十分に信頼関係の破壊が認められる場合にも、 裁判を起こすことなく放置されているケースが沢山あります。
まずは、自分達のケースの場合、訴訟での勝訴が認められるのか、 しっかりと調べることが大切だと思います。
お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。 TEL:0120-0572-05 受付時間 365日 24時間受付 地下鉄みなとみらい線 日本大道り 3番出口 徒歩2分

無料メール相談はこちらから